担当の家政婦

8月 6, 2015 by admin
家政婦を利用する回数が増えると、担当の人を付けてくれるようになります。毎回違う人に来てもらうより、同じ人に来てもらった方が良いです。担当の人ならば、家のことを理解してくれます。信頼性も高くなり、家のことを安心して全部任せることができます。そのうち、簡単に説明するだけで理解してくれます。忙しくて時間が無いときは、説明をしている時間がありません。そういうときに、たった一言「お願いします」だけで済むと良いです。

担当の家政婦ならば、自分自身も家族も慣れます。人見知りの場合、初めて会う人には緊張してしまいます。特に、子供はなついてくれるまで時間がかかります。ようやくなついたところで家政婦が変わってしまうと子供も混乱してしまいます。担当の家政婦がいると、そういうことも防ぐことができます。子供もずっと同じ家政婦ならばすぐになついてくれます。

時間をかけながら、少しずつ信頼関係を築いて行きます。初対面の人といきなり信頼関係を築くことは難しいです。良い信頼関係を築くようになるまで、それなりの時間がかかったはずです。何度も関わっていくうちに自然に信頼関係が築けます。そして、その人が担当の家政婦になってくれます。

Sorry, the comment form is closed at this time.